オセロについて

オセロとはどのようなゲームでしょうか?

今回取り上げるゲームはオセロです。

オセロのルールはご存知の方多いと思います。

みなさんがルールをご存知であろうオセロをあえて取り上げたいと思います。

再確認という意味で

改めてオセロのルールを確認したいと思います。

オセロのルールについて

オセロのルールについて確認します。

使用道具 緑の盤:縦8マス×横8マス 計64マス
     石:表裏に白と黒が塗りわけられた平たい円盤状のもの

初期配置:ど真ん中4マスに黒を左手前になるように
     黒白2個ずつクロスさせ置きます。

先手と後手:先手は黒、後手は白です。
      1手目は黒から始まります。

石の置き方:盤上の相手の石を挟める場所に必ず打たなければいけません。
      何ヵ所かある場合は置く場所を選ぶことが出来ますが
      1ヵ所の場合はその地点に打たなければいけません。
      挟まれた相手の全ての石は全て自分の色に変えます。

パス:盤上の相手の石を挟める場所に必ず打たなければいけませんが
   どこも打つことが出来ない場合はパスとなります。
   パスの制限回数はありませんがパスが続くと負ける可能性が高いです。

着手:打てる箇所がある場合は必ず打たなければなりません。
   
勝敗(決着):全てのマスが埋まるかお互いが打つことが出来ない場合は
       ゲーム終了となります。盤上に空きがある場合折半します。
       お互いの石を数えて数が多い色のプレイヤーの勝ちとなります。

オセロの勝つコツとは

オセロの勝つコツとはどういったポイントがあるのでしょうか?

 1.序盤は自分の色を増やさないこと

 最初から自分の色を増やせば増やすほど勝ちにつながると考えている方は多いです。
 しかしそうではなく序盤に自分の色が多いと後から自分が置ける所が少なくなります。
 オセロは最終的に自分の色が多い方が勝ちなので序盤は自分の色を増やさないことがポイントです。

 2.確定石を増やすこと
 
 確定石とは相手から絶対にひっくり返せない石のことです。

 わかりやすい確定石は4隅のマスです。
 逆に相手に隅を取られないようにするためには
 隅の斜めにあるマスには打たないことです。
 その位置に石を置くと対角線上に相手の石があったら簡単に隅を取られてしまいます。
 斜めのマスは意外に見落としがちになるので注意しましょう。

 3.定石を覚えておくこと
 定石とは序盤の置き方の最善の手のことです。
 定石を覚えていれば定石通りにゲームが進行すると有利になるし何も考えなくて打つことが出来ます。

など今回は3つのポイントをあげました。
もちろんこの他のポイントもたくさんあります。
オセロをやってみたい方は調べてみてください。

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪