トランプ(ポーカー)について

トランプ(ポーカー)とはどのようなゲームでしょうか?

今回のゲームは「ポーカー」になります。

「ポーカー」とはどのようなゲームでしょうか?

「ポーカー」とは手札のカード5枚を使用して役(手役)を作るゲームになります。

自分と他のプレイヤーで役(手役)の強さを競うゲームとなります。

ルールと手順を簡単に記載します。

(基本ルールと手順)
ポーカーに使用するトランプはジョーカーを除いた52枚となります。
(ジョーカーを使う場合もあります。)

1.トランプをよくきって各プレイヤーに1枚ずつ配り計5枚になるよう伏せて置きます。
2.各プレイヤーは役(手役)を作るために、いらないカードを伏せて捨てることが出来ます。
 (捨てなくても構いません。)
3.いらないカードを伏せて捨てた場合は、カード交換する為にその枚数分山札から取ります。
 (捨ててない場合はカード交換はありません。)
4.カード交換を行えるのは1ゲームに1度だけです。
5.全プレイヤーがカード交換をするかしないかを決めて下さい。
6.5が終わったら全プレイヤーはすべてカードを開けます。
7.役(手役)の強い方から上位となります。

「ポーカー」の役(手役)の一覧

「ポーカー」の役(手役)のにはいろいろあります。

まず役(手役)とは何かですが、
役(手役)とは、5枚の手札をある特定の条件を満たせば役(手役)となります。

上記にもあった通り、役(手役)には強さが決まっています。

役(手役)の強さは
比較的作りやすく簡単なものは弱め、
難易度が高く、難しいものは強めとなっています。

ここでは、役(手役)の弱いものから説明していきます。
(役(手役)の一覧)
1.ノーペア(役なし)
 成立条件→5枚全てのカードがバラバラで特定の条件を満たせていない
  (下記の全てに当てはまらない状態)
2.ワンペア
 成立条件→5枚のカードのうち2枚が同じ数字であること。
   (1組が同じ数字のペアとなっている状態/その他はなんでもOK)
3.ツーペア
 成立条件→5枚のカードのうち同じ数字のペア2組があること。
      ただし、A(1)と2をまたいではいけない
    (ワンペアが2組ある状態/残り1枚はなんでもOK)
4.スリーカード
 成立条件→5枚のカードのうち同じ数字が3枚あること。
     (残り2枚はなんでもOK)
5.ストレート
 成立条件→5枚のカードが数字が5連続になっていること。
     (スート(マーク)は不一致でOK)
6.フラッシュ
 成立条件→5枚のカード全てがスート(マーク)が一致していること。
     (数字はなんでもOK)
7.フルハウス 
 成立条件→5枚のカードがスリーカード1組とワンペア1組になっていること。
8.フォーカード
 成立条件→5枚のカードのうち同じ数字が4枚あること。
     (残り1枚はなんでもOK)
9.ストレートフラッシュ
 成立条件→5枚のカードが数字が5連続になっていて
      かつ5枚のカード全てがスート(マーク)が一致していること。
     (ストレートとフラッシュを同時に満たした状態)
10.ロイヤルストレートフラッシュ
 成立条件→ストレートフラッシュが10・J(11)・Q(12)・K(13)・A(1)の場合
      (ストレートフラッシュの数字が最も高いもの)

数字とスート(マーク)にも強さがあります。
数字の弱い方から2,3,4,5,6,7,8,9,10,J(11),Q(12),K(13),A(1)となります。
スート(マーク)の弱い方から♣,♦,♥,♠となります。

ポーカーのように役(手役)を作るその他のゲームについて

ポーカーのように
役(手役)を作るその他のゲームについてですが、

麻雀や花札などいろいろあるみたいです。

またご紹介したいと思います。

このようなゲームも楽しいので気になった方は
やってみてください。

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪