サトテル 2番反対!

サトテル打順2番反対な理由

今回は最近の阪神タイガースが苦肉の策で考え出した打順、佐藤輝明、サトテルを2番バッターに置くオーダーについて、反対意見を書いていきたいと思います。

まず、最近の球界で言われ始めた2番打者最強説に乗って、サトテルを2番にしたと思うのですが、この2番打者最強説は、元々DHのある野球で九番にも打つバッターが並ぶために、2番にチャンスが回ることが多くなったから生まれた説であり、DHのないセリーグの野球では、やはり3,4,5番のクリーンアップの方がチャンスが来る打順になるからです。

九番がピッチャーになるセリーグでは、やはりランナーがたまりにくい上での2番になるため、ホームランを打っても、ソロやツーランホームランが多くなってしまうのが、もったいないと思います。スリーラン、満塁ホームランをサトテルには打ってもらいたいので、ランナーがたまっているクリーンアップが最適なのではないでしょうか。

その他の理由さまざま

その他の理由ですが、サトテルが大谷翔平選手みたいに足が速くないことです。大谷は大リーグで1番や2番のDHになる打順が多いですが、これは足も速い超人の大谷だからなせる打順で、足は遅くはないけど早くもないサトテルだと、ランナーとして足でかき回したいのに、盗塁やヒットエンドランなどの作戦が取りにくいということです。

そして次の理由も先の意見の続きになりますが、サトテルが2番だと近本が3番になるため、去年セリーグでの盗塁1位中野、2位近本の俊足コンビが分かれてしまうため、足を生かす作戦が取りにくくなってしまうからです。1番が出て盗塁を仕掛けるとなると、2番バッターはランナーが走るまで待球をしないといけなくなり、サトテルにそのような作戦を取らせるのはもったいないと思います。1番近本、2番中野がやはり理想の阪神の打順なのではないでしょうか。

あとサトテル2番にすると問題になるのが、1番中野、2番佐藤輝、3番近本だと、左打者が並んでしまい、サウスポーピッチャーが来た場合、かなり不利になってしまうからです。

理想の打順1番近本、2番中野の次は、マルテがケガをしているので、大山を3番に上げる案がいいのではないかと思っています。そうすればおのずと4番はサトテルになります。

最後の理由はロマン

そして何よりサトテル2番反対の理由は、やはり象徴としてチームの顔4番バッターを、ポストミスタータイガースのサトテルに打って欲しいと思うからです。

ミスタータイガース田渕、掛布は4番バッターでした。そのロマンを感じさせるスター選手になって欲しいサトテルが4番に座って、貯まったランナーを返す打撃をして欲しい。

そんなロマンを求めるのは、時代錯誤でしょうか。でも、成績が低迷している2022年のタイガースだからこそ、勝利が遠いならばロマンの方を求めてもいいのではないでしょうか。

僕は将来の阪神のクリーンアップは3番大山、4番佐藤輝、5番井上というのが、左右打席のジグザグを考えても、理想なのではないかと思っています。

勝てないのならば、ロマンを求めて欲しい。今取り組んでいる2番サトテルというオーダーを、一日も早く脱却して欲しい。そう強くイチファンとして望んでいます。

 

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪