セリーグ順位予想2022

まず下位から予想

もうすぐキャンプも終わりオープン戦も始まるということなので、今回はセリーグの順位予想をしてみたいと思います。

早速ですが最下位から、6位に終わってしまうのは、僕は広島カープだと思います。

栗林などの活躍でピッチャー陣はそろってきたと思いますが、なんといっても鈴木誠也がメジャーに行ってしまうというのが、大きな戦力ダウンだと思うからです。

丸が巨人に移った時のような、補いきれない戦力ダウンだと思うので、カープファンには申し訳ないですが、22年度の最下位はカープにします。

続いて5位ですが、僕は横浜ベイスターズだと予想します。

戦力がこれといって補強をしたということもなく、牧が活躍しても下位に低迷していたし、ドラフトでも一位は高校生投手を獲っているので、三浦監督的にはまだ戦力を整える時期なのかな、と思っています。

なのでまだ筒香が抜けた穴を埋め切れていないと思うので、5位予想はベイスターズにします。

 

セリーグ4位、3位、2位予想

続いて四位に予想するのが、中日ドラゴンズです。

投手陣は又吉が抜けたのは痛かったですが、投手陣は元からいいので、これに新監督の立浪さんの手腕が発揮されれば、化ける可能性もあるかなと思っていますが、やはり野手は外国人頼みというのが実情だと思いますので、4位はドラゴンズです。

そしてAクラスの3位、これは読売ジャイアンツだと思っています。

今年の巨人は、去年の低迷から菅野が逆襲の活躍をして、強そうな感じもしますが、去年途中で入った中田翔の活躍などがなければ、順位的には去年と同じ3位かなと思っています。

そして2位ですが、東京ヤクルトスワローズではないでしょうか。

奥川が今年はもうエース級の働きをして、去年以上の強さを維持するのではないかと思っていますが、僕が1位に推したいチームがあるので、2位にしました。

そうです、あのチームです。

阪神が今年こそ優勝!

ズバリ今年の一位は阪神タイガースでしょう!

僕は佐藤輝明、サトテルの後半戦のスランプは、2年目のジンクスが、最近のデータ野球の効果もあって、半年前倒しになっただけだと思っています。

そうです、今年の阪神の四番はサトテルが打つんだと思っています!マルテ、サトテル、大山というクリーンアップを形成できれば、打線はかなり迫力があると予想します。

そして投手陣ですが、問題としてスワレスの抜けた抑えをどうするのかというところですが、僕は心配していません。

なぜなら先発陣が、青柳、秋山、伊藤、ガンケル、西勇輝ともう5枚も揃っていて、あとの一枠を藤波、及川、アルカンタラ、桐敷、新外国人、などで争っていて、その枠から余った戦力を中継ぎに回すことができるので、岩崎を9回で任せるという布陣が組めそうだからです。

どうでしょうか、この順位予想。阪神ファンの願望をつめすぎた、勝手な予想となってしまい、他球団のファンからしたら、腹の立つ順位予想だったかもしれませんが、そこは謝ります。

でも、優勝はやっぱり阪神や!

 

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪