携帯電話の契約見直し。

菅総理が携帯電話料金引き下げに言及!

実際どのぐらいお得になるのか試してみました。
今話題の携帯電話aupovoに切り替えてみました。
DDIの時代からKDDIいわゆるauを使っています。最初はPHS、次にガラケー、そしてiPhone4(これはソフトバンク)、iPhone6、シャープのandroidと変遷してきました。今回、appleストアでiPhoneSE(第二世代)を購入したのでついでにaupovoに切り替えてみようと思った次第です。
しかしながら結構たいへんでした。
ところで、iPhone6からなぜandroidに切り替えたか不思議に思われた方もいるかとおもいます。これは、ほんの興味本位です。iPhone中心に使ってギガとは無縁でありましたが、ギガ、ギガと世の中が騒がしくなったとき、ギガとは何ぞやと思いandroidに切り替えたわけです。

iPhone4の時にはギガ数全く気にならなかったのですが、
androidは1ギガで契約したため、いやというほどギガ数が気になりました。1ギガでもいけたのは、もちろんwifi室内用を引いたためでした。
Androidを買ったとき、iPhone6は室内専用とし
電話回線はなくもっぱら検索専用、Amazon注文専用としました。また、YouTubeも見ていました。iPhone6で結構楽しませてもらいましたが、
だんだん、バッテリーが弱くなって最後の方は電源が付くのもやっとという状態でした。
Androidのほうもそのうち、アプリがパンパンになったらしく、いくらアプリをアンインストールしてもメールやLINEが受信できないという悪循環に陥っていました。
iPhone6がほとんど動かなくなりつつあるとき、とりあえず室内で使ってみようと思い、
iPhoneSE(第二世代)を購入しました。
Android買い換えを考えました(iPhone12)が、せっかくSEがあるので利用してみようと考えました。
(このSEは使いかってもよく値段の割にかなりお買い得商品です。
画面の大きさとカメラ機能と5Gを除けば12と遜色ないのでは。)
そこで、今まで結んでいた、au契約を見直すこととしました。
今までのプランは5分間通話無料、直系家族通話無料、障害者割引、1ギガ契約でした。料金は1ヶ月約3,650円でした。
au契約を見直すにあたり、話題のドコモ(ahamo)を検討していましたが、
しばらくして、auからpovoが発表になり、
値段もほぼ同じであることから、povoを導入することとしました。

見直すにあたり、5分間通話無料20ギガなら3,278円(税込)

見直すにあたり、5分間通話無料20ギガなら3,278円(税込)ですが、
通話料金無制限プラン20ギガにしたかったので、
4,378円(税込)となりました(実際の請求額は各種サービス料込みで4,500円)。ちなみに、20ギガはベースとしてあるので嬉しいです。
ちなみに障害者割引はありません。通話料金無制限プランにし、
兄弟や友達に電話しまくろうと思いました。

早速申込です。
povoもそうですけどドコモ(ahamo)もインターネットでないと
契約できません。

つまり、窓口では、一切出来ないです。

これが曲者なのです。
いったん申し込むと、案内は全てチャットになってしまうのです。

auの場合チャットが全てコンピューターの自動案内になっており、
細かいことは通じないです。
申し込み契約をiPhoneSEでwifeにて行ってみました。
契約締結の画面とともに契約書が送られてくるとの通知がありました。
当然商品であるSDカードも送られてくるものだと思っていました。
しかし契約書は送られてきたものの、いくら待ってもSDカードは届く気配がありません。
auに電話してもpovoの方はチャットに確認くださいと自動音声の一点張り。auに電話が繋がりません。めちゃめちゃ焦ります。いつまでたってもiPhoneSEが使えません。Android
のままです。
しかし、最終的にSDカードの再発行の窓口に電話が通じることに気づきました。電話が通じ事情を説明すると、何とandroidのauSDカードをiPhoneSEに差込みすればいいとのことです。さっそくやってみました。するとiPhoneSEの画面左上にau4Gの文字がでてきました。完了です。
しかし困ったことが起こりました。AndroidからiPhoneSEに電話番号の引き継ぎができないのです。iPhoneと違ってandroidはSDカードを抜くと全てのデータが消えるのです。したがって、iPhoneのように室内でwifeを繋げることもできません。つかえねぇー。
たまたま生命線である弟二人の電話番号は控えていたので助かりました。

処理を無事に終了し今は友だちに時間を気にすることなく電話をしています。以前はNTTの固定電話同士(3分間8円)で電話するか、携帯電話5分間経ったらまたかけるようなことをしていたので、携帯電話が主流の今非常に助かっています。一年ぶりに電話した友人とはついつい一時間ほどおしゃべりしてしまいました。

まとめ。
aupovoは契約がややこしいのですがおとくです。以上の事例は1.0の場合、現在は2.0も発売されています。しかし、20ギガ通話料金無制限プランなどは同一料金です。
また他社のドコモ(ahamo)、ソフトバンク(ラインモ)なども従来プランよりはお得と考えられます。
そして、20ギガですが、普段使いであれば十分な容量です。動画は主に家でwifiを見ますし。iPhoneとiPad両方揃えようかなともおもいましたが、いまのところ、iPhoneSEで十分満足しています。

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪