TPM 2.0やSecureBootのチェックを回避して要件を満たしていないPCにWindows 11をインストールする方法

まず先に行なっておく事

Windows 11の発表から早くも2か月が経とうとしています。そしてつい先日(2021年10月5日)に今までのプレビュー版やベータ版ではなく正式に正規版のリリースが発表されました。しかし実際のところ必要スペックを満たしているパソコンは少なく、せっかくマイクロソフトのサイトからダウンロード(直接パソコンにインストール、またはUSBメモリやDVDに書き込んでインストールディスクを作成)しても多くの場合、セキュリティシステムのTPM2.0(トラステッド プラットフォーム モジュール 2.0)に阻まれてインストールできないのが現状です。この記事ではTPM 2.0を搭載していない、SecureBoot非対応といった、システムの最小要件を満たしていないパソコンにWindows 11をインストールする方法を紹介したいと思います。

Windows 11のシステム要件

ここで、一応Windows 11のシステムの最小要件を確認しておきましょう。

プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサ

RAM(メインメモリ):4 ギガバイト (GB)

ストレージ:64 GB 以上の記憶装置(いわゆるHDDやSSDの容量)

システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応

TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0

グラフィックス カード:DirectX 12 以上に対応

ディスプレイ:対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

インターネット接続と Microsoft アカウント: インストール時に必要です。その場でアカウントは作成も出来ます。

Windows 10と大きく異なるのは「TPM 2.0」や「セキュアブート」が必須という点。また、32-bit CPUはサポートされず、メモリは2GBから4GB必要と変更され、DirectX 12以上、720p以上の解像度を持つディスプレイが要求されるようになったことです。それでは実際にTPM2.0を回避してインストールする作業を始めましょう。

まずはインストールメディアを用意します。USBメモリなら8GB以上、DVDで作成するならDVD+R DLという規格のディスクを用意します。一般的なDVD-Rは容量が少し足らないので今回は使用できません。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11 を検索します。

準備

このような画面が出てきます。後は手順に従ってDVDやUSBメモリにインストーラーを入れます。
これは少し時間がかかるので余裕のある時に作業をすることをお勧め致します。

「Windows 11 のインストール メディアを作成する」下の「今すぐダウンロード」をクリックしてダウンロードします。
クリックすると、次のような窓が開きます。

写真が見ずらいですが、下の方の青文字がファイル名です。ご自身で分かりやすい所を選んで保存してください。私はとりあえず「ダウンロード」に保存しました。
このオプションは、ブート可能なインストール メディア (USB フラッシュ ドライブ、DVD) を作成するか、仮想マシン (.ISO ファイル) を作成して Windows 11 をインストールするユーザー向けです。このダウンロードは、プロダクト キーを使用して正しいエディションのロックを解除するマルチエディションの ISO です。 次に保存したファイルを実際に開いてインストールします。今回はブータブルUSBの作成ですのでインストール先はUSBかDVDを指定してインストールします。これでWindows11をインストールするためのブータブルUSBかインストールISOディスクが出来ます。

実際にパソコンにインストールする作業をしていこう。

ここからが実際にパソコンにWindows11をインストールする作業を始めていきます。私の場合、ここまでは普段使用しているデスクトップパソコンで行ないましたので、この先はインストールするパソコンでの作業になります。まず電源を入れるのですが、「BIOS]画面を開かないと作業が進みません。まずキーボードの一番上の段にある「F1~F12]のボタンのうちのどれかを選びます。これはメーカーごとに違うので、一度普通に電源を入れて起動して画面の一番下の所をよく見ていてください。するとそこにごく短い時間ですが、「BIOSの設定」とか「Boot Menu」とかが並んで出てきます。因みに作業所でよく使っている「LENOVO ThinkPad」シリーズではF2が「BIOSの設定」、F12が「Boot Menu」の様です。このメニューは瞬時に選ばないといけませんので、まず「BIOSの設定」に入るために電源ボタンを押す前に左手で「F2]ボタンを連打しながら電源ボタンを押します。上手く行けば「ピー」と短い音がして無事に「BIOS]の設定画面が表示されます。

この「BIOS]画面の一番上の欄に左から「情報」、「システム」、「詳細」、「セキュリティー」、「起動」、「終了」と並んでいますが、今回は軌道の所のタブにキーボード右下にある4つの矢印を使って選択作業を行います。まず「→」で起動までタブを動かします。すると次のような画面が出てきます。

これはパソコンに搭載しているストレージなどで数などが違いますが、基本的には
WindowsというOS(オペレーションシステム)が入っているHDDかSSDが1番上にあるように設定しておくのが常です。これを矢印の下向きの「↓」でUSB CD/DVD:の所まで持って行きます。そして「+」のボタンを押して「USB CD/DVD:」が一番上にくるように設定します。これで電源を入れた時に「USB CD/DVD:」から起動するよう設定されます。
それが出来ましたらキーボードの一番上の左端にある「Esc」ボタンを押します。すると次のような画面が出てきます。
ここが「終了」の画面で、幾つか項目が並んでいますが、今回は「変更を保存して終了する」を選んで「Enter]キーを押します。すると次のような窓が出てきます。

上に「セットアップ終了」と書かれていて、その窓の中に「はい」、「いいえ」と2つありますので「はい」を選んで「Enter]キーを押します。ここで気を緩めてはいけません。通常だと再起動がかかるのですぐに「F12]ボタンを連打してください。するとまた「ピー」と音がして次のような窓が開きます。

これが起動メニューを選択するところです。今回はUSBメモリからインストールするので「USB」あるいは「CD/DVD」(USBの後ろはUSBメモリによる表示なので気にしません)にまたキーボードの「↓」で選んで「Enter」キーを押します。
すると次のような画面が出てきます。ここは時間勝負でとにかく「Enter」キーを素早く押します。この画面です。失敗したら電源を落としてやり直しましょう。
これが起動メニューを選択するところです。今回はUSBメモリからインストールするので「USB」あるいは「CD/DVD」(USBの後ろはUSBメモリによる表示なので気にしません)にまたキーボードの「↓」で選んで「Enter」キーを押します。
すると次のような画面が出てきます。ここは時間勝負でとにかく「Enter」キーを素早く押します。この画面です。失敗したら電源を落としてやり直しましょう。
ここからインストール作業の本番です。まずは次の画面が表示されます。結構長い時間5分位はこのままです。

暫く待つと、次のような画面に切り替わります。

これは日本人の場合、そのまま右下の「次へ(N)」を左クリックします。また次のような画面が表示されます。

大体のパソコンはこの画面が出てきて、普通ならば終了です。そこを何とかしましょうというのが今回の趣旨であります。ではどうするか。ここからはとてもデリケートな作業なので、慌てずゆっくり確実に作業しましょう。

この画面のままキーボードの「shift」+「F10」を同時に押してコマンドプロントという画面を開きます。下の画面がその画面です。

ここの一番下の X:¥Sources>に続けて regedit.exe(半角英数)と書き込見ます。次の様になります。

このように書き込めたら「Enter」キーを押します。次の画面が出ます。

この画面の水色の線を引いた所の「左端にある>HKY_LOCAL_MACHINEの一番左の「>」マークを左クリックします。次の画面が出ます。

下にツリーが出てきますのでその中のまた水色の線の所の左端にある >SYSTEMの>マークを左クリックします。またその下にツリーが出てきます。

また新たに出て来たツリーの中に(多分下の方)に>Setupという項目があります。

今度はこの>Setupの上で直接右クリックします。すると窓が現れます。

次に今現れた窓の中の「新規」を左クリックします。次のようにまた窓が開きます。

この新しく表れた窓の一番上の「キー(K)」を左クリックします。次の画面が出ます。

「新しいキー#1」という名前のキー(フォルダ)が作成されますので、「BackSpace」キーで消して名前をLabConfigと書き換えます。次の様になります。


「Enter」キーを押して固定します。この状態で右側に空いている余白の所で右クリックすると窓が開きます。その窓の中の「新規」をクリックして出て来た窓の中の→「DWORD」(32bit 値)」を左クリックします。するとツリーの右側に何やら出てきます。一番上のの ab(規定)は触らずにその下の2行目の青い文字のマークの横の名前を「BackSpace」キーで消してBypassTPMCheckと書き換えます。「Enter」キーで固定してもう一度同じことをします。すると先ほど書き換えたその下にまた青い字のマークが出てきますので同様に今度はBypassSecureBootCheckと書き換えます。すると次のようになります。

今書き換えた2列をまずは上の方を左ダブルクリックすると小窓が出てきます。

この窓の中の値のデータ(V):は0になっているので「BackSpace」キーで消して1と書き換えます。OKボタンを押すと窓が消えます。次にその下の
BypassSecureBootCheckを同じように左ダブルクリックしてまた小窓を出します。先ほどと同様に窓の中の値のデータ(V):の0を1に書き換えます。そして
OKボタンを押して窓が消えます。よく見ると今書き換えた2列の右の方に書いてある最後の数字が0から1に変わっています。次の様になれば成功です。

最後にレジストリエディターとコマンドプロントの右上の「×」を押して画面を閉じます。残っている「このPCではWindows11をインストールできません」の窓を
「×」で消して書き換え作業は終わりです。

それでは改めてWindows11をインストールしてみましょう。

後は最初の手順と同じです。再起動をしてまたすかさず「Enter」キーを押してインストール作業が始まります。

から手順を追っていきます。

「次へ」を押して

次にプロダクトキーを求められます。お持ちであればそれを入力してください。ない場合はここでは無難に「プロダクトキーがありません」をクリックして先へ進みます。

次に

後は一番下のチェックボックスにチェックをして大体大きな流れは終わりです。この後は指示に従ってインストール作業を進めればよいだけです。このパソコンンの利用者の都合に合わせて入力作業を進めていけばすぐに終わります。私個人の場合は殆どはオークションでの販売目的が多いので、個人情報は居れないようにしています。ご自身でお使いの方はご自身のアカウントなどを登録して下さい。インストール作業の流れは以上です。アットはご自身で使うアプリケーションをインストールしてご利用ください。最後に、認証用のプロダクトキーですが、このパソコンはWindows11をインストールしたのですが、いましばらくはWindows10のプロダクトキーで認証をとれます。個人的にはヤフオクで「Windows10proプロダクトキー」と検索して大体¥500~¥1.000未満で買えますのでそちらをご利用なさってください。正規の値段(¥30.000前後)を払うのはばかばかしいですから。健闘を祈ります。

weitten by 就労継続支援B型事業所 ユアライフ新大阪